フリーエンジニアの長期休暇計画書

長期休暇はフリーエンジニアにとって必要な時間です

フリーエンジニアの長期休暇計画書

サイトについて

フリーエンジニアとして忙しい日々を過ごしていますが、年に一度は長期休暇をとってリフレッシュしています!このサイトでは、フリーエンジニアの長期休暇の取り方などを紹介します。 お問い合わせはこちらまで
freeeng_longvacplan@outlook.jp

フリーエンジニアだからこそ長期休暇が必要

フリーエンジニアとしてずっと仕事をしてきている人は、仕事の面ではかなり慣れて波に乗れているかもしれません。しかし、休暇という仕事以外の部分については、どうでしょうか?言われてみれば、あまり休みは取れていないという人もいるでしょう。ここでは、このサイトについて紹介すると共に、長期休暇を定期的に取っているフリーエンジニアについて紹介していきます。

休暇の大切さを紹介

フリーエンジニアの中には、仕事をすることを優先して休暇はあまり必要ではないと思っている人も多いと思います。休暇を取ったとしても、ほんの少しだけ仕事が終わった後に休めば良いと思っている人もいるかもしれません。しかし、実際にフリーで働いているエンジニアを見ると、仕事漬けの毎日を送るよりも長期休暇を取りながら生活をする方が精神衛生上良さそうです。
フリーランスは、会社員とは違って自分で好きなときに休暇を取ることができる職種です。会社員からフリーランスになった人は、会社員のままであればこのようなライフスタイルは実現できないということがよく分かると思います。無理してでも長期休暇を取れとは言いませんが、せっかくフリーエンジニアになったのだから、その特性を十分に活かしながら生活することをお勧めします。
このサイトでは、どのような場合に長期休暇を取るべきなのかから始まり、どうすれば長期休暇を取ることができるのかという休みの取り方や考え方についても解説していきます。更には、長期休暇の過ごし方として人気なのが海外旅行ということで、世界中の人気の観光スポットも紹介します。
(お問い合わせ先:freeeng_longvacplan@outlook.jp)

実際に長期休暇を取っているフリーエンジニアの例

フリーエンジニアには長期休暇が必要だということですが、実際に長期休暇を取りながら長年フリーで仕事をしているエンジニアについて見ていきます。長期休暇をどれだけ取るかは自由ですが、エンジニアによっては数か月から半年ほど休暇を取るという人もいるようです。そんなに休暇を取っていたら、十分な量の仕事ができないのではないかと思うかもしれません。このような休暇の取り方をする場合には、業務が終了する1か月~2週間前ほどから次の仕事の営業を始め、業務終了後はそのまま続けて仕事をしていきます。そして、全ての業務が終わった後で長期休暇に入るという流れになります。もしこれだけの長い休暇を取ることができたとしても、普段休暇をあまりとらない人はどのように過ごせばよいかで悩むかもしれません。このフリーエンジニアの場合は、海外旅行やスキルアップのための勉強をしているそうです。どちらの過ごし方も、普段仕事をしていると実現することが難しい内容です。勉強については、普段からできるという人もいるかもしれませんが、もし思うように時間を使うことができないのであれば、長期休暇中に一気に進めてしまうのも効果的です。

オススメトピックス

このページの上部に戻る

Copyright © 2016 フリーエンジニアの長期休暇計画書 All Rights Reserved.