フリーエンジニアの長期休暇計画書

上手に休暇を取るフリーエンジニアは仕事ができる!

フリーエンジニアの長期休暇計画書

サイトについて

フリーエンジニアとして忙しい日々を過ごしていますが、年に一度は長期休暇をとってリフレッシュしています!このサイトでは、フリーエンジニアの長期休暇の取り方などを紹介します。 お問い合わせはこちらまで
freeeng_longvacplan@outlook.jp

出来るフリーエンジニアは休み上手

フリーエンジニアとして働く人の中でも、できるフリーエンジニアかどうかが違ってきます。「できる」フリーエンジニアというのは、多くの仕事をただこなしているだけでは十分ではありません。仕事だけでなく休暇もしっかりと取れる人が「できる」フリーエンジニアなのです。ここでは、休暇を取ることで得られる効果やできるフリーエンジニアについて解説します。

有休取得率が低いという特徴を持つ日本

毎日忙しく働いているフリーエンジニアにとって、自分がこれまでにどれだけ休暇を取ることができたかを考えてみることは非常に重要なことです。一度よく考えてみると、あまり休暇を取ることができていないという人の方が多いと思います。日本人と外国人の労働者を国ごとで比べてみると、日本人は有給休暇の消化率がかなり悪くなっています。25か国が対象の調査においては、2013年まで日本が6年連続でワースト1位でした。2014年はワースト1位ではないものの、ワースと2位というあまり良い結果にはなっていません。ここからも、日本人があまり積極的に有給休暇を取っていないということが分かります。

多くの休みをとって生産性を上げている会社の例

このように休暇を取る人は少ないですが、なるべく取れるのであれば休みは取った方が仕事には良さそうです。日本一休みが多いという「未来工業」という会社では、最大40日の有給休暇を取ることができ、従業員は年間で140日の休みがあるといいます。この会社は創業以来一度も赤字になったことがなく、良い業績をずっと維持しているということです。普通に考えると、仕事を多くした方が業績は良くなりそうです。しかし、この会社の取り組みから、休みを多くして労働時間を短くし、楽しく集中して仕事をした方が業績が良くなるということが分かります。

できるフリーエンジニアになるために

仕事をすることは悪いことではありませんが、仕事をして稼いだお金を使うことも必要になります。ただ稼いでお金を貯めておくだけではなく、それを適度に使いながら生産性も高めていくことが大事だということなのです。仕事をしていると、それに時間が取られてしまってあまり買い物ができなくなってしまいます。そうなると生活の幸福度や生産性を高めることができなくなるため、休日を取ることは必要なのです。また、休暇をとることで自由に外に出かけるようになると、太陽の光を浴びることになります。これも、仕事の生産性を高めるためには必要です。「ハーバード・ビジネス・レビュー」という世界12か国で発行されているマネジメント誌がありますが、その調査によると、少しでも忙しい間に休憩を挟むことは大事だということが分かりました。100を超える企業に対して調査を行い、それを分析すると、休憩をはさむことで生産性が31%も増加したといいます。できるフリーエンジニアになりたければ、やはり休みを取ることが大事だということです。

オススメトピックス

このページの上部に戻る

Copyright © 2016 フリーエンジニアの長期休暇計画書 All Rights Reserved.