フリーエンジニアの長期休暇計画書

フリーエンジニアの長期休暇は効果絶大!

フリーエンジニアの長期休暇計画書

サイトについて

フリーエンジニアとして忙しい日々を過ごしていますが、年に一度は長期休暇をとってリフレッシュしています!このサイトでは、フリーエンジニアの長期休暇の取り方などを紹介します。 お問い合わせはこちらまで
freeeng_longvacplan@outlook.jp

長期休暇の効果は意外に続く

仕事の効率を上げるためにも、フリーエンジニアには長期休暇が非常に重要です。しかし、人によってはその忙しさから、何度も長期休暇を取るのは難しいということもあると思います。実は、長期休暇で得られる効果は、思ったよりも長く続くということが分かっています。数か月は効果があるということから、一度だけ長期休暇を取るだけでも大きな効果が得られることが分かります。

休暇の効果の持続時間

イギリスの健康団体による調査によって、休暇はリフレッシュ効果以外にも健康効果ももたらしてくれること、その効果は数か月の間続くということが分かりました。この団体は、タイ、ペルー、モルディブのいずれかに休暇で出かけた6人と、自宅で仕事をつづけた6人の計12人を対象に調査を行いました。この調査で調べたのは、血圧と睡眠、ストレスの3項目です。休暇組は、血圧が平均6%低下、睡眠が平均17%向上、ストレス回復テストのスコアが平均29%も改善していたといいます。
一方で、仕事組の方は、血圧が平均2%上昇、睡眠が平均14%悪化、ストレス回復テストのスコアが平均71%も低下してしまいました。この結果を見ると、仕事をせずに休暇を取ることは、体に良い影響を及ぼすということが分かります。この結果が数か月後まで持続するということなので、長期休暇をとることができるのであれば、なるべくとるようにすることが大事です。

リフレッシュ休暇をとることの二つのメリット

日本では消化率は良くないものの、会社で働くと有給休暇を使って休みを取ることができます。また、最近では、有給休暇以外にも、「リフレッシュ休暇」と呼ばれる休暇を取ることができる制度を設けている企業も増えています。このような制度はありますが、フリーエンジニアには有給休暇などの休暇制度がないため、自分で休みを作る必要があります。ここでは、フリーエンジニアでも実践できるリフレッシュ休暇について紹介していきます。リフレッシュ休暇をとることで、仕事の効率を上げることができるだけでなく、メンタルヘルス対策も可能です。
まず、仕事の効率についてですが、効率を上げるためには仕事への意欲や気分の影響が大きくなっています。「ワークライフバランス」という言葉がよく聞かれるようになりましたが、これは、仕事と趣味などのプライベートを両立することで、仕事の効率を上げることに繋げるというものです。リフレッシュ休暇をとることは、ワークライフバランスの実現にも繋げられるのです。次に、メンタルヘルス対策についてですが、仕事にばかり追われていると、どうしてもストレスを感じて仕事に影響が出てしまいます。休暇をとって気分転換をすることによって、精神的に追い詰められることを防ぎ、ストレスをあまり感じないようにすることができます。

オススメトピックス

このページの上部に戻る

Copyright © 2016 フリーエンジニアの長期休暇計画書 All Rights Reserved.