フリーエンジニアの長期休暇計画書

忙しいフリーエンジニアは計画的に長期休暇を取る!

フリーエンジニアの長期休暇計画書

サイトについて

フリーエンジニアとして忙しい日々を過ごしていますが、年に一度は長期休暇をとってリフレッシュしています!このサイトでは、フリーエンジニアの長期休暇の取り方などを紹介します。 お問い合わせはこちらまで
freeeng_longvacplan@outlook.jp

フリーエンジニアは長期休暇を計画的にとろう

フリーエンジニアは長期休暇を計画的にとろう

会社員なら自分が休んでいる間も他の誰かが代わりに仕事をすすめてくれますが、フリーエンジニアの場合、自分の代わりはいません。そんなフリーエンジニアが長期休暇をとるためには、最初から仕事をしない期間を決めておくしかありません。いつ働いていつ休むかは全て自分の采配次第でコントロールできるのがフリーエンジニアというワークスタイルのいいところですよね。その利点を最大限生かし、1年12ヶ月全部働くのではなく、1年のうち10ヶ月か11ヶ月働いて1年分の収益を上げるためにはどうしたらできるかを考えてみましょう。

各テーマ一覧

  • フリーエンジニアが休めない理由

  • フリーエンジニアが休めない理由
  • 長期的な休みを取ろうと思っていても、フリーエンジニアの中には仕事の代わりがいないことや連絡がいつ届くか分からないなどの理由から、休みがしっかりと取れていない人もいます。このような理由があるのは分かりますが、仕事の効率などを考えると、どうにかして休みを取らなければなりません。フレックスタイム制を導入するのも良いですし、旅行先に仕事関係の物を持っていかないなどの対策は効果的です。また、完全にオフラインの状態にしないように、事前に休みをクライアントに伝えておくなども必要です。

詳しくはこちら

  • 長期休暇を取るための考え方

  • 長期休暇を取るための考え方
  • 日本は、外国と比べるとかなり労働時間が長いという調査結果が出ています。これは、同時に休みの時間が比較するとかなり短くなっているということも指しています。日本では働く人が偉いというような風潮もありますが、実際には休みを効率良くとっている人の方が仕事ができると言われているのです。ですが、日本人にとっては、休みを取ろうと考え方を変えるのは簡単ではありません。そこで、長期休暇を取るためにはどのような考え方をすべきかを紹介していきます。

詳しくはこちら

  • テーマ設定で長期休暇を有意義に

  • テーマ設定で長期休暇を有意義に
  • 旅行先では自由に過ごすことができるため、やりたいことがあれば時間が許す限りは何でもすることができます。しかし、実際に長期休暇を取ると、思っていた以上に時間があってあまり有意義な時間が過ごせなかったということもあるのです。そこで、旅行に行く際にはあらかじめテーマを設定しておき、どのように過ごすのかを決めておく必要があります。はっきりとした目標を立てることによって、帰って来てからやり残したことがあることに気付いて後悔することもありません。

詳しくはこちら

詳しくはこちら

オススメトピックス

このページの上部に戻る

Copyright © 2016 フリーエンジニアの長期休暇計画書 All Rights Reserved.