フリーエンジニアの長期休暇計画書

なぜフリーエンジニアは休暇が取れないのか?

フリーエンジニアの長期休暇計画書

サイトについて

フリーエンジニアとして忙しい日々を過ごしていますが、年に一度は長期休暇をとってリフレッシュしています!このサイトでは、フリーエンジニアの長期休暇の取り方などを紹介します。 お問い合わせはこちらまで
freeeng_longvacplan@outlook.jp

フリーエンジニアが休めない理由

フリーエンジニアを始めとするフリーランスは、休もうと思っていても仕事を休むことができないことがあります。これは、代わりに仕事をしてくれる人がいないことや、いつでも連絡が取れる状態であることが原因です。しかし、休む時間を作ることは大事だということから、休めない理由や休むための基本的な考え方を紹介していきます。

どうして休みが取りづらいのか

フリーエンジニアは、自分で意識をして休むことをしないと休みを取ることが難しいと考えられます。フリーランスは仕事の連絡が来ると、それを納期までに自分で終わらせなければなりません。つまり、他の人に頼むことができないため、休みを返上して仕事をしてしまうことに繋がるのです。また、今ではメッセンジャーツールが発達していることから、どこにいてもクライアントと連絡を取ることが可能になります。いつでも必要なときに連絡が取れるということは、常に仕事をする環境の中にいることになるため、実質的な休暇というのは難しくなってしまうのです。
このように、フリーエンジニアという仕事をしていれば、自然と仕事に拘束されてしまいます。そのため、いかにして自ら休みを作るようにするかが非常に重要になります。

フレックスタイム制の導入などの対策

休みを取るためにはどうするかが問題になりますが、例えば、仕事を休めない理由の一つに「代わりにやってくれる人がいない」というものがありました。これについては、きっちり土日に休みを取ることが難しいのであれば、フレックスタイム制を導入するという方法で対応することができます。これだと丸ごと一日を休みにするということにはならないかもしれませんが、例えば、お昼から仕事をするなど自由に働くことができるのです。丸一日休みという事にならないので、クライアントにも迷惑をかけることがありません。

仕事に支障がないように事前の準備を

もし、「この日は休もう」と決めたなら、しっかりとその通りに休息することが大事です。例えば、旅行に行くのであれば、その間も仕事に追われるということがないように、パソコンを家に置いて行くなどの対策を取るようにしましょう。確かに、旅行中に緊急で連絡が入ることもあるかもしれません。ですが、ずっと働き詰めになってしまうと、仕事の効率が下がることにも繋がってしまうため、このようにして休みを取れるように準備をすることは大切なのです。
仕事を休むことは悪いことだと罪悪感を感じる人もいるとは思いますが、ある程度は仕方ないと思って仕事をするようにしなければなりません。休みは大事だということですが、だからと言って完全にオフラインの状態にしてしまうことはなるべく避けるべきです。そのため、休みのことをクライアントに事前に伝えておくなどの対策を取りながら、休みも効果的にとって仕事をするようにしましょう。

オススメトピックス

このページの上部に戻る

Copyright © 2016 フリーエンジニアの長期休暇計画書 All Rights Reserved.