フリーエンジニアの長期休暇計画書

フリーエンジニアが長期休暇を取るためには計画性がポイント

フリーエンジニアの長期休暇計画書

サイトについて

フリーエンジニアとして忙しい日々を過ごしていますが、年に一度は長期休暇をとってリフレッシュしています!このサイトでは、フリーエンジニアの長期休暇の取り方などを紹介します。 お問い合わせはこちらまで
freeeng_longvacplan@outlook.jp

長期休暇を取るための考え方

日本は、外国と比べるとかなり労働時間が長いという調査結果が出ています。これは、同時に休みの時間が比較するとかなり短くなっているということも指しています。日本では働く人が偉いというような風潮もありますが、実際には休みを効率良くとっている人の方が仕事ができると言われているのです。ですが、日本人にとっては、休みを取ろうと考え方を変えるのは簡単ではありません。そこで、長期休暇を取るためにはどのような考え方をすべきかを紹介していきます。

日本での休暇を取ることが悪いという風潮

日本では、仕事をする人が偉いというような考え方が未だに根付いているため、どうしても積極的に休みを取ろうとする人が少なくなってしまっています。毎週決まって休みになっている日があっても、職業や会社によっては休日にも出勤することがあります。そうすると、どんどん労働時間が増えていき、最終的には休みが全然取れずに1年が終わってしまったということも考えられるのです。日本にも有給休暇の制度はありますが、自分が長く休むことによって周りに迷惑がかかってしまうかもしれません。
そのような理由から、あまり積極的に休みを取ろうとしない労働者が多くなってしまっているのです。ここまでは会社の話ですが、長期休暇をあまりとることができていないのはフリーランスにも当てはまると思います。どうしても仕事優先になってしまい、1日の休みは取れても長期休暇までは取れない人が多いのです。しかし、考え方を変えることで、長期休暇を計画的に取りやすくすることが可能になります。

10か月で売り上げ計画を立てて、長期休暇を

フリーエンジニアなどのフリーランスにとっては、1年でどれだけ稼ぐことができるかは非常に大きな問題となります。そのため、長期休暇を取ることが大事だとは言っても、それによって売上が下がってしまうことだけは防がなければなりません。ですが、売り上げを落とすことなくしっかりと長期休暇を取る方法があるのです。多くのフリーランスは、1年を12か月と考えてどれくらい売り上げを伸ばすことができるかを考えると思います。しかし、長期休暇を計画的に取るためには、1年を10か月と考えて、その間にどれだけ売り上げを伸ばせるかを考えることが大事なのです。こうすることで、残りの2か月は仕事に使うこともできますが、長期休暇など仕事を効率的に進めるために必要な休暇に充てることができます。
また、仕事をしていると、途中で体調を崩してしまいどうしても休まなければならなくなることがあります。そのような時に休みを取ることができない労働計画を立ててしまうと、後から後悔することにも繋がってしまいます。10か月で売り上げの計画を立てておくことで、急な休みがあっても売り上げを落とさずに1年を乗り切ることができるのです。
ここでは、そんなフリーエンジニアをサポートする高額案件紹介サイトを2つご紹介します。
・eEngineer

フリーエンジニアを全力サポート eEngineerでは、厳選した優良な高額案件を多数取り揃えています。

・レバテックフリーランス

フリーエンジニアを全力サポート レバテックフリーランスでは、エンド直請けが大多数を占めるため必然的に高額案件が揃う仕組みになっています。

オススメトピックス

このページの上部に戻る

Copyright © 2016 フリーエンジニアの長期休暇計画書 All Rights Reserved.