フリーエンジニアの長期休暇計画書

フリーエンジニアの長期休暇はテーマを決めて有意義に過ごす

フリーエンジニアの長期休暇計画書

サイトについて

フリーエンジニアとして忙しい日々を過ごしていますが、年に一度は長期休暇をとってリフレッシュしています!このサイトでは、フリーエンジニアの長期休暇の取り方などを紹介します。 お問い合わせはこちらまで
freeeng_longvacplan@outlook.jp

テーマ設定で長期休暇を有意義に

長期休暇をとって気分をリフレッシュしようと決めたら、なるべくその時間を有意義に過ごせるような計画を立てることが大事です。有意義な時間を過ごすためには、まずはテーマを設定することから始めます。こうすることで、長い休みをどうやって過ごすと良いかをはっきりさせることができます。ここでは、テーマの設定方法や有意義に過ごす方法を紹介します。

有意義に過ごすためにはテーマの設定から

フリーエンジニアは、仕事をする時間を自由に決められることから、どうしても仕事ばかりしてしまって長期休暇が取れないことがあります。仮に長期休暇を取ったとしても、普段からあまりこのような休暇を取っていない人であれば、その時間をどうやって過ごせば良いかが分からないこともあるでしょう。そのような人でも、ちゃんとコツを掴めば長期休暇を有意義に過ごすことができるようになるのです。そのコツというのは、「テーマを設定する」というものです。
ここで言うテーマ設定とは、例えば「ロンドンへ行ってミュージカルを鑑賞する」といった目に見えて分かる目標の設定を指します。休暇の時間が長くなればなるほど「時間はたっぷりある」と考えがちですが、実際には特にやるつもりのなかった事をしてしまって時間が無くなることが多いのです。それを防いで有意義な時間を過ごすためには、やはりテーマを始めとする細かい項目を決めておく必要があります。

テーマの決め方について

休暇は、自分で全ての時間を自由に使うことができるため、特に行動の内容を決めずに旅をするということもできます。しかし、長い期間になるとダラダラしてしまう可能性があるのであれば、有意義に過ごすためにも一度計画してみることが必要です。計画を立てる時には、テーマや場所を決めることが大事ですが、旅行先では何があるか分からないため、決めたことを忠実に守らなければならないわけではありません。また、休暇前には仕事を全て片づけて休暇の間に仕事のことを考えなくても良い状態にしておくことや、移動時間を考えてスケジュールを立てることも必要です。
テーマの決め方ですが、旅行先のガイドブックを見ていると、色々な所に行きたくて仕方がなくなると思います。ですが、たくさんテーマを設定するのではなく、目に見える目標を一つに絞って決めることが大事です。これは、休暇だけでなく仕事やプライベートでも言えることであり、色々なことをやろうと考えながら行動しても、結局できずに終わってしまうことはよくあります。これを防ぐためにも、やりたいことは一度リストアップして一か所にまとめることをお勧めします。まとめることで、それを見ればいつまでにどれだけのことをやらなければならないかが一目で分かり、どれから手を付けるべきかがはっきりします。リストアップしてから予定に落としていくと、無駄がなく有意義な時間が過ごせるようになるのです。

オススメトピックス

このページの上部に戻る

Copyright © 2016 フリーエンジニアの長期休暇計画書 All Rights Reserved.