フリーエンジニアの長期休暇計画書

フリーエンジニアの休暇明けはオンオフを上手に切り替える

フリーエンジニアの長期休暇計画書

サイトについて

フリーエンジニアとして忙しい日々を過ごしていますが、年に一度は長期休暇をとってリフレッシュしています!このサイトでは、フリーエンジニアの長期休暇の取り方などを紹介します。 お問い合わせはこちらまで
freeeng_longvacplan@outlook.jp

休暇明けから日常生活に復帰する秘訣

長期間休みを取ると、どうしても休暇明けから日常生活に復帰するのが難しくなってしまいがちです。ですが、休みが終われば仕事を再開しなければならないため、何としてでも日常生活に復帰しなければなりません。そこで、ここでは、どのようにして休暇明けから日常生活に復帰するかという秘訣を紹介していきます。

出発前と帰宅後までの行動

長期休暇は、忙しく仕事をしていた日々から解放されて自由に過ごすことができる時間です。そのため、いつもとは違う非現実的な時間を過ごすことができますが、それはいつまでも続くことはなく、いつかはまた仕事や日常生活に戻らなければなりません。しかし、復帰しようと思っていても、思い通りにならないという人が多いのではないでしょうか。確かに簡単には復帰できない状態になることは分かりますが、休暇が終われば何としてでも元の状態に戻り、仕事を再開させなければなりません。日常生活に復帰するためのポイントは、出発前と休暇中から帰宅後にあります。誰でもできるポイントを押さえることで燃え尽き症候群にならずに済むため、長期休暇を取る際には実践するようにしましょう。

出発前にしておくこと

まず、出発前の準備については、当たり前のことですが全ての仕事を終わらせて引継ぎも終わらせておくことが大事です。自分のノルマを終わらせておくことや、クライアントから来たメールを全て読み、連絡が終わっていないものをなくしておきましょう。そして、もし誰かに仕事を引き継いでもらって、休暇から帰ってきた後で状況を教えてくれる人がいるのであれば、その人を頼ることも必要です。
その他にも、出発前には、帰って来てから雑用をしなくて良い状態にしておくようにします。次の日には仕事に行かなければならないと、気持ちが落ち込んでいる時に、帰って来てすぐに掃除などの雑用に追われることがあれば、更に気分が落ち込んでしまいます。それを避けるためにも、これらの事前の対策は必要なのです。

休暇中から帰宅後までの過ごし方

次に、休暇に入ってから帰ってくるまでのポイントですが、まずは休暇中に仕事のことを忘れてしっかりと楽しむということが挙げられます。既に出発前にやるべきことをやってから休暇に入っているので、仕事や家のことで心配する必要は一切ありません。もし不十分な状態で休暇に入ってしまうと、色々と心配事があってリフレッシュ効果があまりなくなってしまいます。そのため、休暇中はリフレッシュして楽しむことだけを考えることが大事なのです。
そして、リフレッシュしたら、その状態を維持したまま帰宅するようにします。エネルギーを充電してある状態がなるべく長く続くように、家に帰ってからも休暇中のことを思い出してリラックスできる時間を増やしましょう。また、休暇中に届いた仕事のメールがたくさんあったとしても、それを一気に片づけるのではなく、少しずつ優先順位の高いものから片づけていくことも大切です。
そこでここでは、そんなリラックスを継続させるためのおすすめアイテムを紹介します。
・アロマディフューザー

リラックスを全力サポート アロマディフューザーは、色とにおいでリラックスを誘い、良質な睡眠環境を作ってくれます。

・ビブレ自立式ハンモック

リラックスを全力サポート ビブレ自立式ハンモックは、自立式なのでどこにでも設置でき、いつでもリラックスできます。

オススメトピックス

このページの上部に戻る

Copyright © 2016 フリーエンジニアの長期休暇計画書 All Rights Reserved.